はじめての方へ

(株)岸本吉二商店は、創業100年以上、
伝統の菰樽(こもだる)を作り続けています。

江戸時代、上方(大坂)から江戸(東京)へ灘(阪神間)・伊丹で作られた日本酒を樽にいれて、船で運んでいました。その酒樽を運ぶ時に菰縄で巻いて壊れるのをまもったのが始まりです。樽にワラで出来た菰(こも)を巻いた物を菰樽(こもだる)といいます
江戸時代より兵庫県尼崎市では菰樽(こもだる)の菰縄づくりが盛んでした。
(株)岸本吉二商店は明治30年代に創業し、日本の伝統文化である菰樽(こもだる)を作り続けています。
現在、菰樽(こもだる)の菰縄を製造している会社は数社を残すのみとなり、当社では多くの日本酒メーカー様の菰樽(こもだる)を製造させていただいております。


本社社屋


菰を織機(しょっき)で織る


菰(こも)へ押す焼印
(昭和40年代まで)

菰樽にかける思い

伝統を明日につなぎながら、
新しい「菰樽(こもだる)」「鏡開き」の形を
創造していきます。

(株)岸本吉二商店は日本の伝統文化の一つである「菰樽(こもだる)」を残していくとともに、「菰樽(こもだる)」「鏡開き」の新しい価値・伝統を創る事に挑戦し続けています。

01職人による手作り


菰巻き樽の製造

今も樽に菰を巻き、菰樽(こもだる)に仕上げる作業は荷師と呼ばれる職人が一つ一つ丁寧に手作りで仕上げていきます。一番大きい四斗樽から直径10cmのミニ菰樽(こもだる)まで全て同じ手作りです。 こだわりの菰樽(こもだる)づくり

02業界シェアNo.1の菰樽(こもだる)

尼崎市の地場産業として発展してきた菰縄づくり。
今でも、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地の日本酒メーカー様で使われる印菰(銘柄を印刷した菰)のほとんどを尼崎市内で作られております。
当社はその中でもトップシェアを誇っています。

03海外への積極的な活動

●ニューヨーク
毎年2回開催されるギフトショー「NYNOW」に2013年夏・2015年冬に出展。2015年冬にはJAPANブランド育成支援事業の補助をいただき、新しい菰樽(こもだる)の形、「菰樽(こもだる)ファニチャー」を紹介しました。

●台湾
「rooms台北」、「ギフショナリー台北」に出展しました。

パリの日本食レストラン
パリの日本食レストラン

ドイツ アウクスブルク市の際、学生一行が工場見学
ドイツ アウクスブルク市
学生一行が工場見学

2014年 ミラノ万博 日本館にて展示
2014年 ミラノ万博
日本館にて展示

菰樽(こもだる)ファニチャー 展示レセプション
菰樽(こもだる)ファニチャー
展示レセプション

実際に鏡開きを体験
実際に鏡開きを体験

rooms台北出展
rooms台北出展

  • 英語サイト/English
  • 中国語サイト/繁体中文
  • 海外発送について

04新しいカタチへの挑戦

(株)岸本吉二商店は従来の商品を作り続けるだけでなく、新しい価値・文化の創造を目指して、挑戦し続けます。

05個人の方から、法人・企業の方まで

イベント会社様、広告代理店様の企画にあわせてさまざまなオリジナル菰樽(こもだる)の作成を行います。今まで国内国外ともに、菰樽(こもだる)を使った様々なイベントのお手伝いをさせて頂きました。ご予算や企画内容など、お気軽にご相談ください。

鉄道会社の新路線の開通イベントに
鉄道会社の新路線の
開通イベントに

自動車メーカーのプレゼント企画に
自動車メーカーの
プレゼント企画に

ご当地・アニメキャラクターを入れて
ご当地・アニメ
キャラクターを入れて

コンサートのキャラクターグッズに
コンサートの
キャラクターグッズに

フォームからのお問合せはこちら

お問い合せはこちらから
商品ラインナップ
菰樽コラム